Tagoo kaze7さんのレビュー一覧

レビュー 裏技 ユーザ情報 説明文 情報更新

kaze7 さんが書きこんだレビュー一覧です。

ソフト名 モリコ脅迫事件
タイトル 社会派ミステリー&推理アドベンチャー
日付Sat May 28 10:41:58 2011  
実在の犯罪事件を題材にした推理アドベンチャー。
貴方は刑事コロンダとなり、怪人100面相と対決、事件解決を目指す。

今の時代では不謹慎の謗りを受けかねないが、16色グラフィックで
描かれた画面のせいか、登場人物のキャラ的なものの為か、
全体的にはコミカルな雰囲気に仕上がっている。

ゲームは事件発生、身代金受け渡し、犯人追跡、推理、逮捕等の
要素から成り立つ。

日本語コマンド入力だが、難しい場面ではヒントが出るので、
その点では親切な作り。
(テープ媒体でオホーツクに消ゆと同じ分割ロード+パスワード制だが、
このパスワードもさり気なく次シーンのヒントになっていたりする)

謎解きの方では、場面によっては若干唐突な所があるが、
上記ヒントが参考になるので、難易度としては易しい方か。

また、ゲームの途中で毒入り菓子を画面上で選んで撤去する場面や、
犯人を問い詰める(決定的な供述を引き出さないと先に進めない)
場面等、様々な試みが見受けられる。
(この後、同社から発売された白と黒の伝説シリーズでも、ゲームの
途中にアクション要素があったりする)、

ゲームでは最後の方に○馬○○や○光○○が出てくる、お遊び的な
部分があるが、少し蛇足な感じも。

エンディングは1つだが、マルチエンディングを思わせる終わり方
(いわゆる大団円ではない終わり方)
なので、もしかしたら続編を作る予定でもあったのだろうか?

現物の入手は困難だが、プロジェクトEGGでWindowsで遊べる物が
販売されてるので、興味ある方は是非プレイして貰いたい。


ソフト名 ニューアダム&イブ
タイトル 埋もれた良作、但し難易度は高め
日付Mon May 2 00:31:36 2011  
細菌兵器で人類が滅亡、シェルターに逃れて唯一助かった
ADAMとEVEが人類全滅の危機を救えるか?という背景の物語。
酸素がなくなる前に3つの都市を巡り、生き残るための道を探していく。

英語コマンド入力+英語文章表示、MSX2用、媒体もフロッピー(1DD)。
1985年当事はMSX(1)、ROM・テープが主流でFDD持ってる人自体が希少、
プレイした人は少なかったのでは?

ゲームは酸素が全部なくなる(とゲームオーバー)前に
必要なアイテムを見つけ、謎を解いていくもので、
3つの都市を各複数回、廻る必要があり、難しめ。

酸素以外にも、時間制限イベント!が始まったり、
ある事をしてないと(またはしてしまうと)
永遠に解けないというデッドエンドも結構多い。

コマンド入力の方で、理不尽な難解さが無いのがまだ救いか。
(マニュアルに殆どの英単語が書いてあり、また
最初のシェルターからハッチを空けて外に出るまでが、
例題として載っている。ゲーム内で出てくる英文自体も易しめ)

個人的には攻略本のヒント見て(最初の都市から出られなかった…)、
最後の方でまた詰まったので中身を解析して何とかクリア、
残念ながら自力では解けなかった。

もう少し難易度を下げて、MSX1・テープ版で発売すれば、
黄金の墓ミステリーハウス位には
世の中に広まったのではないか?と思う。

MSX2用だけど、グラフィックはMSX1のようにシンプルで、
独特の味があって個人的に好きな感じ。
(ゲームのテーマが映画「復活の日」のような重い感じだが、
この絵のせいでゲーム中の雰囲気は暗くなってない)




戻る
Copyright(c) 1998-2021 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com