Tagoo シャロム

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 シャロム
タイトル
よい意味で破壊神★★★★★
日付Fri Mar 28 23:01:05 2003  
書いた人コメント一覧ふぉっくす <izmist@excite.co.jp>

実は、魔城シリーズを立て続けにレビューしているのですが、
どのシリーズも全くシステムが違うシリーズモノって他にあまり例が
無いような気がします。これって大きい。
コナミが手がけたMSX1ソフトでは屈指の美しい画面でしょう。
マニュアルに登場人物全員のプロフィールが載ってたのが笑えるが、
同時にヒントになってるのがイカす。

先代まで割とギリシャ方面の神話色が強かったのに、
今回は中途半端な中世ヨーロッパ感が漂っています。DQの影響でしょうかね。
これまでのシリアス感とはうって変わって、馬鹿なネタのオンパレード。
個人的に好きなのは主人公が意味も無く「考える」コマンドを使った時。

主人公「オーストラリアの哺乳類、後ろ足が発達していて、高くジャンプできる。
メスは腹に袋を持ち、子供をそこに入れて育てる。」
ブタ子「怒るわよ、それは考えるじゃなくて、カンガルー!」
主人公「なーんや、それ!」
・・・この作品で初めてコナミが関西系の会社だと知りました。

気になったのは、パスワードで保存すると、全てのアイテムが消えてました。
ADVなのでとーぜんアイテムの再入手など出来るわけも無く、
途方にくれたのを覚えています。止む無く友人からデータレコーダを借りて
やっとクリアできました。
ボス戦はどれも緊迫して面白かったのですね。プーヤンのパロディが笑えました。
あと、大きな魔女との対決は、悲しいボス敵のエピソードとして印象に残っています。
意外にもラスボスは名前も顔も覚えていない・・・
エンディングはしっかり覚えているんだけど。
引用する

このレビューに対するコメント
  1. Re:はじめまして。お懐かしい〜。 (とも)
    1. Re:Re:はじめまして。お懐かしい〜。 (ふぉっくす)



戻る
Copyright(c) 1998-2017 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com