Tagoo ロマンシア

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 ロマンシア
タイトル
参入第一弾!度★★★
日付Mon Jan 23 13:35:06 2012  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

 あまり注目されないが、当時のパソゲーメーカーでのぶっちぎりのリーディングカンパニーだった、日本ファルコムのMSX参入第一弾ソフト。
 当時のファルコム神話及びブランド力は絶対で、ザナドウの未発売に悶絶躄地していたMSXユーザーにとっては、発売前から購入決定の最右翼だった(僕のことです)ドラスレJrの名称に一抹の不安を抱いて・・・MFANもプッシュしてたしな。

 発売日に購入してレッツゲームスタート!一時間後には「ぶたまるパンツ」で遊んでいました。後日攻略記事を参照してクリアー。感想は皆様と同じ「こんなの自力で解けねえよ!」
 「素直にザナドウ出してくれよ!」と思ったが、攻略記事の乗った号に「MSXでは不可能だと思っていたザナドウ発売決定!」の広告に二度ずっこけた。

 今プレイしてみると、操作性やゲームプログラム、グラフィックは、そう悪くなくいわゆる「クソゲー」ではない。つまりなんですな、企画自体が「アレ」だったわけです。

 MSX界の長老が「テキストアドベンチャーの焼き直し」と評していたが、まさに言いえて妙。パソゲーの最後の化石みたいなタイトルだったんでしょうな。

 それが証拠に日本ファルコムは、その後MSXにも良作をリリース。英雄伝説まで(前編のみ)まで苦労して移植してくれました、ありがとうファルコムさん。そう考えればお布施だと思えばいいかと現在では思っています。
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2017 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com