Tagoo ファイナルジャスティス

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 ファイナルジャスティス
タイトル
99面攻略を狙え!度★★★★★
日付Tue Jul 28 01:21:53 2020  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

 コンパイルを支えた天才プログラマー、PAC藤島氏の作品

 一世を風靡したザナックのプロトタイプ的タイトルと言えるが、ストーリー的には「ファイナルジャスティス」→「ガーディック」→「ブラスターバーン」→「ガルケイブ」とつながっているとのこと。

 どちらにせよコンパイルのシューティングゲームの源流と言えるだろう。ランダーもちゃんと出現する、デザインがちょっと違うけど。

 システムは大雑把に言えばザナックから地上面を抜いた感じだが、個性的な敵キャラクターが絶妙なアルゴリズムで雪崩の如く襲い掛かってくる。
 
 単純かつ地味だが、シューティングゲームの根本的な楽しさである、弾除けの醍醐味を十分に味わえる玄人好みの作品になっている。

 また敵キャラのアニメーションや、動きの美しさは非常なこだわりを感じる。ここら辺はザナック以上なので是非一度は見てほしい。

 難易度はコンパイルのシューティングの例に漏れずかなり高いが、ランダーでの体力回復をパターン化できれば99面攻略も夢ではない。

 ただし攻略には2時間以上かかるので、体力と集中力との勝負になる。

 ちなみに99面をクリアーするとちゃんとエンディングがある。ネタバレすると往年の名作「ギャラクシーウォーズ」リスペクトなのか「GIVE UP!!」と表示される。ゲームセンターあらしになった気分が味わえるぞ。
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2021 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com