Tagoo ハンチバック

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 ハンチバック
タイトル
ひたすらジャンプ度★★★
日付Thu Jul 16 02:11:13 2020  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

1983年発売海外のアーケードゲーム「Hunchback」が元祖。

 日本でもセガが海外のアーケードゲームの代理店をしていた関係で、少数流通していたと知り合いのゲームセンターの店長さんが教えてくれました。僕も小学生の頃やったことあります。

 内容はコナミのわんぱくアスレチックをさらに簡略化した感じで、攻撃も一切ない単純極まりないジャンプアクションですが、結構操作性がいいのでまあまあお勧めです。

 何でも海外では根強い人気タイトルらしくて、当時の8ビットホームコンピューターには片っ端から移植されたそうな

 Atari 800 アムストラッドCPC エイコーンBBC ZX Spectrum コモドール64 VIC-20 果てはゲームボーイまで移植されています。

 外人さんが編集してくれた比較動画を見るところ、MSX版が一番オリジナルに近い内容かつゲームとして出来が良い模様。やっぱりMSXが最強だ!

 しかし僕の周りに誰も理解してくれる人がいないのでtagooさんに投稿しました(泣)
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com