Tagoo チャンピオンバルダーダッシュ

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 チャンピオンバルダーダッシュ/1
タイトル
MSX機とともやって来たゲーム
日付Thu Jul 21 22:28:41 2005  
書いた人MSX囚人

 私は,ファミコン出始め世代です。幼稚園年長くらいのときファミリーコンピュータが世に出始め,欲しかった私ですが,壊れやすいということから家にやってきたのがナショナルのMSX機でした。その時,一緒に買ってもらったのがこの”チャンピオンバルダーダッシュ”でした。

ジョイスティック(操作キーが棒状で飛び出たフライトシミュレーション用のようなゲームパッド)を巧みに操ることも出来なかったのですが,ひたすらやっていました。スーパーファミコンが出るまでやっていました。他のソフトもありましたが,このソフトは”ジャガー5”以上にやりこんだと思います。

主人公に名前があるのは知りませんでしたが,(ZLさん,ありがとう!)本当にシビアで且つ中毒性のあるゲームだったと思います。一撃死ですし,主人公には身を守る手段は,地形を生かすことと岩やダイヤを落とすことしかありません。派手な蝶(?)や派手な四角が追ってくるわ,緑のうぉんうぉん♪は増えるわ。

最近の次世代機ゲームは3Dをフルに生かした,すごいグラフィックのものがたくさんありますが,それにも負けないほどクオリティの高いゲームだと思います。
引用する

このレビューに対するコメント
    1. Re:MSX機とともやって来たゲーム (冬でもコロうどん)



戻る
Copyright(c) 1998-2021 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com