Tagoo 団地妻の誘惑

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 団地妻の誘惑
タイトル
光栄の暗黒度★★★
日付Sun Oct 26 02:36:41 2014  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

数あるMSXのタイトルの中でもぶっちぎりに胡散臭いソフト。TOKYOナンパストリートがさわやかに思えるほど。

ゲームはウィザードリィの地下迷宮のような団地を徘徊しながら、団地妻にコンドームを実演販売するという脳味噌に梅毒が廻ったとしか思えないゲームシステム。

中学時代に「親父が持っていた」友人宅でプレイしたのだが、参加者全員が「団地妻って怖ええ」と間違った知識をインプットされた。

ワイヤーフレームで描かれるプレイ画面に出現する団地妻はモンスターそのもので、おまけに幽霊やオカマやヤクザが頻繁に出現する。しかし最強は間違いなく団地妻で、プレイに満足してくれないと多額の金銭を要求してくる。

ちなみに88版もプレイしたのだが、MSX版のほうが団地妻のグラにインパクトがあっておススメ。
「イイトコロニキタワネ &#10084;」と言いながら、空手のサンチンの型で構えるオバサンは必見

今でも忘れられないのは、団地には様々なアイテムが散乱しているのだが「ビニホン」や「ウラホン」が当時の知識では理解できず、「なんかすげえ」と猛烈に興奮した記憶がある。因みに体力が向上するが知性が下がる。

 さらにどうでもいいことだが、「週刊アスキー」や当時のパソコン雑誌「テクノポリス」もアイテムにあるのだが、「週刊アスキー」は知性が上がるが「テクノポリス」は知性が低下する。そこで俺たちは「テクノポリスはいやらしい!」とこれまた間違った知識を植え付けられた。徳間書店から抗議はなかったのだろうか。そういえば普通に「ヘイボンパンチ」とかあったな・・
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com