Tagoo すいすいローラー

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 すいすいローラー
タイトル
本当は怖いさんすう
日付Sun Aug 26 03:13:20 2012  
書いた人コメント一覧ZL <planetary_titan_sushiya@hotmail.com>

この一週間というのは最初、リハビリテーションとして位置づけていたのに、フタをあけて
みると、まあなんて肩ひじ張っちゃってガチガチなことでしょう。もっとサクサク片付くタイト
ル(失礼)は、ないの?ってことで三千里、やってきました『すいすいローラー』です。
「たしざん・ひきざん」から「かけざん・わりざん」まで算数の問題が表示され、その答えの
候補となる3つの数字ボードがコースをこちらへ向かってきます。タヌキ・ザ・キャット(仮称)
は自慢のローラースケートテクニックを見せつけながら正しいと思うボードにむかって突進。
選択を間違うと、無慈悲にボワーン!とはじき返されてしまい、正解するまで通してもらえ
ません。そうして頑張って時間内にコースを一周する、というのがこのゲームです。
ちょっと『けっきょく南極大冒険』チックかも。
実際にやってみると、よくできています。水たまりとかカラスも軽く妨害をしてくるなか、
テンポ良く算数の問題が出てきて、スムーズにゲームが進行していきます。
・・まあ、とは言っても「さんすう」ですからね。もうね、「くりさがりのある ひきざん」とか、
出題がカワイイんですからまあ、気楽なもんですよ(ボワーン)・・
すまないキャット、コーナリングでぼんやりしてて問題をちゃんと見(ボワーン)・・・・

しばらく何回やっても100点が取れず、ちょっと焦りましたが、集中力の大切さを教えてく
れるゲームデザインになっていると痛感いたす次第でございます。
「ちょっとアクションゲーム風な算数プログラム」などではなく、軽快にして優良なアクション
ゲームに要素としてしっかり組み込まれている「さんすう」。
だから遊べるし、勉強になる。おっさんの頭の体操にも。「私も使ってます」みたいな(笑)



おすすめ度: ★★★+0.5
出題レベル選択の有用性: ★★★★
ふくしゅう(混合)とおさらい(総合): ★★★★
いじわるすぎない難度設定: ★★★★
操作性: ★★★★
いい表情: ★★★
コナミかカシオのどっちか度: ★★★★★
「あなたが まちがえた もんだい」の表示(笑): ★★★★
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com