Tagoo テセウス

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 テセウス
タイトル
究極の浮遊感度★★★★★
日付Sat Feb 23 02:27:21 2008  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

 MSX1初期の大傑作。全方向スムーズスクロールを、MSX1で初めてで最後に実装したゲーム(だと思う)。またハイスピードのゲーム展開とスリルある浮遊感は本作独特のもので、類似したゲームはほとんど出現しなかった。
 製作は当時から技術力で定評のあるゲームアーツの初期スタッフが行っていたらしく、当社は数は多くないもののMSX後期まで良作をリリースし続けてくれた。このタイトルはその原点と言っていいだろう。

 当時実機で何度もプレイしたお気に入りではあったが、ある夜芋焼酎を盗み飲みしてこのゲームをやったら、酔いがまわってゲロを吐いた苦い思い出が。ちなみにその前にザナッククリアーした時は何ともなかったのに。しかし2Dでゲーム酔いさせるとはさすがゲームアーツ(笑) 
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com