Tagoo 魔導物語1-2-3

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 魔導物語1-2-3
タイトル
元はディスクステーションのおまけ★★★★☆
日付Mon Apr 7 00:06:44 2003  
書いた人コメント一覧ふぉっくす <izmist@excite.co.jp>

とにかくキャラクターが可愛いの一言。
当時のRPGは「パーティでは最低一人の肉体派が前で戦い、
魔法使い系は後方支援に徹する」のが常識であったため、
「魔法使い(厳密には魔導士)独りで大丈夫かよ!」といった不安が
拭えぬままスタートしたものです。
実際にはレベルが簡単に上がる事に加え、レベルアップ時は全パラメータが
回復するので、バランスの取れた作りになっていました。
でもちょっと謎は投げやりかも。
ボイス演出の豊富さは当代随一。
社長のお母さん(お義母さん?)が声優で出演されていましたね。
結局どこでその声が使われていたのかは解答は公開されませんでしたが、
こうもり女(正式名忘れた)だと今でも思っています。
一種独特の世界観がDS時代から確立できていたので、結果的にマスコットの
ランダーを押さえつけ、このキャラクター達はSFC、AC、PSへコンパイルを
代表するキャラとなって羽ばたいていく事になり、
現在でも高い人気を誇れていると思います。

肝心のゲームは第3章のミノタウロスが強すぎて正規ルートのクリアは
断念しましたが、裏技で強引にエンディングを見ました。
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com