Tagoo マイトアンドマジック

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 マイトアンドマジック
タイトル
洋ゲーの世界にようこそ度★★★★
日付Mon Jan 23 18:03:13 2012  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

 80年代3D-RPGの到達点との説明文があるが異論なし。到達点というより行きすぎちゃってる感があるが。

 よくも悪くも洋ゲーRPGの典型な感じ。マッピングもレベルあげもクエスト達成も半端なく難しい。元祖ウィザードリィが子供の遊びに見えるほど。
 平気で街中で怪物が出現するし、ひどい場合は宿屋でも襲われる場合がある。経験値をあげてレベルを上げようと思ったら金を要求されて、辞めようか迷った。

 しかしその分達成感は格別で、別世界でキーカードを挿入する瞬間は手が震えた。ぬるい国産RPGではこの気分は味わえないだろう。

 ちなみに大型RPGをMSXに移植する限界は、ここら辺が限度だと思う。流石に続編はMSXへの移植は重荷過ぎてゲームにならなかった(それでも解いた人いるみたいだけど)

 個人的な感想としては、盗賊の「ながぶちつよし」が性転換の泉で女性になった苦い思い出が。でもいいゲームだと思います。今やるならエミュだとどこでもセーブ出来るので、かなり攻略が楽。
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2021 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com