Tagoo レリクス

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 レリクス
タイトル
34年前の追憶度★★★★
日付Fri Jul 17 03:31:38 2020  
書いた人コメント一覧サイボーグMSX <kawamura@amatsukami.jp>

 当時のMSXユーザーのトラウマに「ザナドウや無限の心臓などのビックタイトルがMSXには移植されない」というものがあった。
 
 パソコン少年の愛読書「月刊ログイン」にはすべての機種のパソコンゲーム総合ランキングが掲載されており、その中でもトップ5は別ページで解説されていた。恐らくこのランキングが当時のパソコンゲームの人気の指標として一番権威があったように思う。
 
 「月刊ログイン」は1988年に月二回発行となってから露骨に内容薄くなって行くのだが、86年から87年あたりは非常に読みごたえがあった。
 この時期はザナドゥハイドライドIIがトップ5常連であり、ウィザードリィあたりも安定した人気を誇っていた。
 どのタイトルも中々MSXに移植されないなか、次々と「FM7シリーズ発売決定」「X1版8月発売」などの記事を読みながら、トイレで泣くほど悔しかった記憶がある。
 MSX陣営もコナミのゲームを中心に奮闘していたのではあるが、なんだかんだで他機種の人気作品を切望し、異移植してくれないソフトハウスを呪ったものだ。
 今にして思えばその頃のMSXにはFDD採用されておらず、メガロムも開発されていなかったのだから仕方がない話なのだが。

 そんな折に「レリクスMSX版1986年4月発売!」の記事が発表された。しかもなんと、あの憎き(個人の感想です)PC8801やX1やFM-7版を差し置いての先行発売である。ところが狂喜乱舞する私に、FM-7ユーザーである悪友U君が不気味な忠告をするのだった。

「大体オリジナルはPC9801版だろ?MSXにまともに移植できるわけねえから、なんちゃって移植だよ。タイニーゼビウスみたいな感じになるんじゃねないの。」

 私は彼の忠告を無視し、ラオックスで予約し発売日に入手することに成功した。期待に胸をふくらましていた私はオープニングデモまで4分22秒、ひたすら腕立て伏せをしながら至福の時を過ごした。
 オープニングは神秘性に溢れた迫力のあるもので、クリスタルキングのテーマ曲も非常にマッチしていた。

「これは期待できるぞ!」
 
ゲーム開始までのロード時間3分55秒も今度はスクワットしながら全く苦にならなかった。

 翌日U君が聞いてきた「どうだった?どうせなんちゃってだっただろ」

「そんな事ねえよ、グラフックが荒いけどゲーム性は結構忠実だったぜ」

 この私の回答は決して嘘ではない。確かに画像は荒く、MSX1独特の汚い赤色のせいで背景とキャラクターの判別が見にくい所もあったが、ゲーム性や内容は他機種版と比べても遜色のない出来栄えだった。むしろ拡大スプライトを使用したおかげで、動きが滑らかな部分はMSX版の方がよくできている位だった。
 
 当時国内最強性能のPC9801版がオリジナルなのだから、非力なMSXに移植するため、ボーステックが奮闘してくれた名移植とさえ言える。世間ではレリクスと言えばファミリーコンピュータ ディスクシステム版の『レリクス 暗黒要塞』の方が有名だろうが、あんな手抜き移植とは訳が違うということは力説しておきたい。

 放課後その真意を確かめに来たU君は腹を抱えて笑い続け、私は憮然とした表情でテープレコーダーを操作していた。その理由はあえて語るまい。

 あれから34年の時が流れ、悪友U君は父親の家業を継いで腕のいい歯医者となった。先日歯の定期検診の時にこの話題を振ると

「60分テープを13分割でロードするんだからすげえ話だよなあ」

とU君はあの頃のパソコン少年に戻り、腹を抱えて笑っていた。

引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com