Tagoo 迷宮への扉

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 迷宮への扉
タイトル
これもMZ−1500で・・・
日付Thu Apr 17 23:16:07 2008  
書いた人コメント一覧K−2

dempaソフトの迎夢浪漫氏が作ったRPG。
これ買った頃はRPGってものを良く知らず、せいぜいハイドライドか
ザナドゥ、FCでドラクエがまだ売れてない頃だった。
敵を倒してもEXPが増えず、「バグじゃねぇの!?」とか思っていたが
このゲームにおいてEXPとはレベルの事だ。
四人パーティーでも戦闘は1対1、ヤバくなったら他の人にバトンタッチ。
メンバーも農民(HPが高い)、戦士(攻撃力が高い)、商人(金を多く
持っている)、魔法使い(魔法が使える)と、そこはかとなくヘンだ。
結局、戦士と魔法使いしか要らないけど。
フィールドに街と外界の区別はなく、街と思われるあたりでは敵でなく
街の住民「も」たまに出現する、といった程度だ。
ただ、そのランダムで出現する住民との会話によってINTが上がり、
INTが足りないとストーリーが進まない、或いは途中でBADENDに
なってしまうのはこの頃(オリジナルのMZ1500版が出た頃)とし
ては目新しかったかも。
今考えると、ひたすら地味なゲームだったが、RPG初めてです、って
人にはこれくらいでもいいかもしれない。
いまのFFとかやらせて、「これがRPGでござい」っつってもね。
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2021 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com