Tagoo ドラゴン・アタック

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 ドラゴン・アタック
タイトル
燃えたクソゲーの一つ(初めて買ったMSXに抱き合わされて・・・)
日付Mon Mar 29 11:42:35 2004  
書いた人待山 昌寛 <machi@campus,ne,jp>

これ、やりこみましたっ!
小学校4年生のころかなぁ。。親に買ってもらったMSXが、記念すべき最初のパソコン
となりました、東芝の名機、パソピアIQ!
(いや、いろんな意味で思い出にのこりましたぁ。イメージキャラクターが岡田有希子
で、有希子のIQ読本とかかって、枕元においてっけ。合掌)

話が長くそれそうなので、ドラゴンアタックへ。
このソフト、その記念すべきパソピアIQを買ったときに、ショップからおまけとしていた
だきました。当時はぜんぜん遊べるゲームもなかったしめっちゃやりこみました。

この単調な音楽に真っ暗ながめん。敵弾/自弾ともに横1ドット×縦数ドットなので、
よけようと思って、一生懸命画面をみなきゃいけないし・・・目が痛いです。

でも、これ、はまるんです。「でっでれってぇ〜♪×∞(ずーっと)」という洗脳ミュー
ジックとともに・・・
(1) 敵がすくなくなると、めっちゃ(あほあほに)はやくなる
(2) UFO(らしきもの)から出てくるドラゴンの子供(みたいなもの)も、よける隙がないく
らいバンバンはいてくる
⇒しかも、動きがめっちゃはやいので、ほとんどやっつけられないし・・・
(3) 面が進むにつれて、スタート時のドラゴンの数だけは容赦なくふえるんですよね
ぇ。。エンディングないから、いつかは自機のある最下層まで、ドラゴンでいっ
ぱいになる(しかも12面くらいで・・・)

普通なら(3)までやりこんだ時点で、あきらめるんでしょうけど・・・子供だった私は、
無理やり14面までやりこんでました。スタート直後は砲台の真上にドラゴンの頭が
あって、いきなり弾はかれてしぬんだけど in 14面。
引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com