Tagoo ディスクステーションスペシャル夏休み号

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 ディスクステーションスペシャル夏休み号
タイトル
ちるどれんうぉーず
日付Fri May 24 10:19:18 2002  
書いた人あきよし <akiyoshi@wizforest.com>

確かこの号だったと思う…初夏号だったら申し訳ない。

ちるどれん・うぉーずというゲームが入っていたのだが、非常にお気に入りでした。
5人の「ガキ大将」がいる小学校のクラスでの覇権を争うゲームです。

たしか、クラスの人数は40人。(自分を含めて45人?)
ガキ大将は、力持ち、秀才、金持ちの坊ちゃん、
なに考えてるかわからないひょうきん物、自分の5人です。

1年間の12ヶ月がそれぞれ「1ターン」となっていて、
1ターンはパラメータ上げ(勉強・体力トレーニングなど)、
他のガキ大将との交渉(同盟を組んだり喧嘩したり…)、
イベントの3つの要素からなっていました。

イベントでは、突発的なことが起こります。
給食の時間に友達に笑わされて鼻から牛乳を出し、人気が下がるとか、
仮面ライダーカードを手に入れるが、ショッカーの怖さを思って勇気が下がるとか
「小学生らしい」イベントばかりです。

そのイベントで手に入れたアイテムは、ガキ大将同士の交渉でも使えますし、
「クラスの仲間」に上げることで、自分の陣営に引き込んだりも出来ます。


で、12ヵ月後に一番「子分」が多ければ勝ちなのですが…
実際、勝っても負けてもエンディングは同じ。
「1年間、みんなと過ごして楽しかった!」って感じの、ほのぼのした終わり方です。


ゲームとして十分成り立たせながら、この「何事もないほのぼの感」は
なかなか出せるものではありません。
非常に感銘をうけた1作。
引用する

このレビューに対するコメント
  1. そいつは・・・・ (Unknown)



戻る
Copyright(c) 1998-2023 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com