Tagoo R-TYPE

レビュー詳細 紹介ページ

親記事 R-TYPE
タイトル
デキを評価するゲームじゃないんだよ…
日付Sun Oct 19 05:35:41 2003  
書いた人てるごん

MSXしか持っていなかった少年が、
あの R−TYPE を手にすることができる…という
ひとつのステータスの為に存在することが許されたソフト
…だと私は認識しておりますが………。

そもそもMSX1でR−TYPEを、面欠かすこなく
1本で無理やり動かしてくれてるんだから、
文句なんぞ言ったらイカンのですよ。

ていうか、充分凄いと思うよコレ。

3面。
2重スクロールじゃん。
こういう被りアリの2重スクロールは、MSX1では他にないんじゃないか…?。
(まぁ、お陰で当たり判定処理がメチャクチャだが…)

スタッフロール。
1ドットスクロールじゃん。
たっぷり時間かけてムチャクチャな処理してるから、
エンディングのBGMもたるもたる…しかも延々ループする…。
(ぃゃ普通に8ドットスクロールでさっさと文字流してくれた方が、
どれだけ良かったか…とは思うが)


もはや、ゲーム性云々評価するゲームじゃないんだよ。
「ヤってくれた」事そのものを評価するゲームなんだよ。
それにこのオリジナル描き下ろし画の
パッケージ&カートリッジの渋いこと渋いこと。

当時少年だった私は、無条件に感謝したものさ。

(同時期に発売したゴーファーの野望とどっちを買おうか迷ったあげく、
コッチを選んだ自分を責めたりは、したさ……………今でもな……)

引用する

このレビューに対するコメント
まだ登録されていません。



戻る
Copyright(c) 1998-2022 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com