Tagoo 伝言表示

伝言表示 伝言一覧 伝言検索

親記事 /info
タイトル
キャッスルEX38部屋省略クリアー方法
日付Thu Mar 25 19:27:05 2004  
書いた人エラウクス・クスィーヌ

このテクニックは通常の方法(スーパーヒントブックに書かれている方法、MSXマガジン永久保存版1のCDに収録)で1度クリアした人向けです。このテクニックには、たくさんのLifeが必要ですので,操作がうまくないとつらいです。

通常のやり方で109号室(下から1番目、左から9番目の部屋)で青い鍵を2つ入手したところから始めます。
1.209号室の青い扉を開けて妖精を救出します。
2.208号室左上の青い扉は開けません。308号室で、不死身光線を浴び、不死身延長を使いながら207号室の下の方のエレベータに乗っかって、壁抜けをします。通常、エレベータと壁に挟まれるとアウトですが、不死身のときは、突き抜けられます。308号室の紫の鍵を取り、またエレベータで壁抜けをします。ライフが合計10個程度必要です。
3.404号室の紫の鍵を入手したあとは、409号室の紫の鍵を入手します。なお、509,510,410号室は省略の対象なので、行かないでください。その後、406号室で不死身光線を浴び、不死身延長を使いながら、507号室の左側のエレベータで壁抜けをします。壁抜けをしたら、紫の扉へ向かってください。
4.505号室の紫の扉と緑の扉はどれも開けません。この部屋と504号室の鍵をすべて回収し、右下の青い扉を開けて進んでください。
5.702号室にたどり着くまでは通常のやり方で進めてください。鍵の回収も忘れずに。
6.702号室についたら、右の水色の扉を開けて、703号室へ進んでください。左の部屋は省略の対象なので、行きません。妖精は残念ながら、置き去りです。703号室についたら、左上のエレベータの上に乗っかって上の部屋に進んでください。紫の扉から行ける部屋は省略の対象なので、行きません。もちろん、扉も開けません。
7.803号室のパズルを解き、緑の扉を開けて青い鍵を入手してください。
8.804号室で、裏技の通りにやり、上の部屋へ進んでください。
9.904号室では、黄色い扉を開け、左側のエレベータに乗って上へ進んでください。右側は省略対象の部屋につながるので行ってはいけません。
10.1004号室についたら、その部屋内でウロウロして魔女をつぶします。左の部屋(1003号室)は省略対象ですので、うっかり行かないよう注意してください。つぶした後、不死身光線装置の前に行きます。ここでセーブするといいでしょう。上昇中のエレベータが、下から3分の1あたりのとき、一番遅いタイミングで不死身光線を浴びてください。そしてエレベータで壁抜けをしてください。屋上に出たら、右上から右の部屋に行きます。1005号室はまっすぐ右へ行ってください。鍵は取りません。なお、この時点で不死身でなくなったらロードしてやり直しです。以降、姫救出までは無敵延長を使い続けます(超重要)。
11.1006号室は真ん中のエレベーターに乗って右上に進みます。無敵延長を使いますので、この部屋で無敵が切れたのなら、針に刺さるなりエレベータに挟まれるなりしてください。
12.無敵延長を使いながら、1008号室へ進み、青い扉を開けて、1009号室(姫の部屋)へ進みます。
13.姫の部屋で真ん中左の赤い鍵を入手し、1008号室へ出ます。
14.金庫を押して、赤い扉を開けて、再び姫の部屋に入ります。もちろん、他の扉は開けません。
15.姫の部屋の下の4つの扉をすべて開けた後、エレベータに半キャラ右にずらして乗って、挟まれたら、右上へ壁抜けジャンプをします。左のバイキング(以降猫)が落ちてきますので、つぼでつぶします。その後、右側の樽をつぶします。そして、左の部屋へ出て、また姫の部屋に入り直します。左の部屋で無敵を切らさないでください。なお、姫の部屋の右の部屋へは省略対象ですので行きません。右の赤い扉も開けてはいけません。省略に失敗します。
16.姫の部屋のエレベータに半キャラ左にずらして乗って、挟まれたら、左上にジャンプします。左側の樽をエレベータでつぶします。これで無敵延長を使う必要はなくなりました。
17.金塊を取り、右側の猫を適当にあしらい、赤い鍵を取り、つぼとレンガをうまく配置して、姫の小部屋の赤い扉を開け、姫を救出します(終了)。

この方法により(410,509,510,605,606,607,608,609,610,701,704,705,706,707,708,709,710,801,802,805,806,807,808,809,810,904をのぞく9階のすべての部屋,1001,1002,1003,1010)の38部屋を省略することができます。

もっと省略できるかどうか? それはわかりません。
では,失礼します。
引用する

この書きこみに対するコメント
まだ登録されていません。




戻る
Copyright(c) 1998-2018 Mackchie All rights reserved.
mackchie@gmail.com